How To 結婚式

スタイリッシュなウェディング・スタイル

スタイリッシュ

STYLISH カッコいい、モダンなスタイル

カッコよくなる組み合わせの例
 
モード重視のコーディネート例

いわゆる、雑誌の最先端モデルさんのような
「カッコいい」スタイルです。
「背が高い」とお悩みの花嫁さんに是非!!
背が高いあなたにしかできません。

■ウェディング・ドレス選びのポイント

・スレンダー・マーメイド・Aライン・パンツスタイル など、
 スカートのボリュームが少なくトレーンもあまりないドレスを選びます。

・身生地はサテン・タフタなど、ハリのある素材がいいです。

・長袖、スタンドカラー、ジャケット付など、
 「洋服」に近いデザインのほうが「かちっと」感があります。
 レースなど細かい装飾は避け、シンプルなものや
 大胆な切替などのデザインを選びます。

・最近は深いスリットの入った「足見せ」デザインも。
 背が高く、足も長いという人はぜひ試してみては。

 

■小物選びのポイント

・ヴェール…このスタイルの場合つけなくてもOK. つける場合は
        スクエア・太いバイピングのもの・帽子付きのショートなど
        大柄や大きなポイントのあるもの、硬いデザインのものを。
        あまり長すぎると重くなるのでミディアムまでに。

・髪型 … 基本的にアップスタイルか、ダウンでも髪をなでつけて留めるなど
        全体をぴっちりとまとめるとすっきりします。
        又はヘアアクセやベールをつけずに、
        逆立たせるなどインパクトのある髪型にしても。

・ヘッド … 特に大きい花をワンポイントにつけたり、
        大きなコサージや帽子を使うなど、大きなアイテムを持ってくると
        ポイント(目線)が上に行って縦に長く見えます。

・手袋 … つけないか、又はサテンなどシンプルなもので。

・アクセサリ…つけないか、又はシンプルを心がける。
        

 

■ブーケ選びのポイント

華やかさの出るブライダルブーケの例

カッコ良く、スタイリッシュにする決め手は 「グリーン使い」!!

・基本的にはウェストラインを出ない細いラインにし、
 ドレスの縦のラインを繰り返します。
 逆に、ボリュームをどどーん!と出してインパクトを出す方法もあります。
 
・細かい花や(かすみそう・レーースフラワーなど)、
 ガーベラやマーガレットのようないわゆる「お花型」の花は
 入れないこと!!!
 例外として、大輪のガーベラやひまわり、ダリアなどはよく使います。
 
・グリーンはハッキリした形のもの、濃い色のものを、造形的に入れます。
 又は、全くグリーンを入れない、という方法も。

グリーンを造形的に使ったラウンド ・ クレセント ・ キャスケード
 (写真の左から順に) がおすすめです。
 大きなシャワーブーケやアームブーケ・ステッキタイプ・3連ボールなども
 面白いですよ!

・「原色」 または 「シックな色(茶色系・ボルドー・濃紫・緑など)」がGood!

ブーケの 「形(造形的に!)」 と 「色」 そして 「インパクト」
が大切です!
このスタイルにする時は、 「人と違うもの」 を目指すのが基本です!

 
 

いかがでしたか?
これで 「花嫁姿のコーディネート」 のお話はおしまいです。
次は、花嫁姿にも会場にも欠かせない 「お花」 について
詳しくお話していきます!!

ページ先頭へもどる
 
 
NATURAL & GORGEOUS 前へ 次へ 結婚式「装花」の基礎知識

HOME  プロフィール  サイトについて  リンクについて  個人情報について  MAILはこちら

2007-2009 (c)How To結婚式 All Rights Reserved.
このホームページの内容(文章・画像)を無断で転載・複写することを禁じます。