How To 結婚式

ウェディングドレスも「洋服」だ!

ウェディングドレスだからって、びびらない!

言われるままでいいのか?

ウェディングドレスの事なんて、分からないから・・・
ドレスショップの人の言うことに従っておいたほうがいいよね?
う〜ん、でも・・・こういうもんなのかな。
(ちょっと思ってたのと違うような気もするけど・・・)

 
 

 「着せ替え人形」で納得できるの!?

着せ替え人形でいいの?

「ウェディングドレスだから、プロの言うとおりに」
って、思ってませんか?

どうして 「言われるまま」 にしちゃうの??

できあがりが自分のセンスと違っても、
「ドレスだから」 で納得できるの??

『ウェディングドレスだから。自分には分からないから、まかせよう』

それは、大間違いです!!

 

もちろん、”プロにまかせる” ことは、ある意味では正しい。
でもそれって、相手が、本当の意味でプロフェッショナル、
いいお店といいスタッフであれば の話です!

ドレスショップもピンキリです。
いいお店もあれば悪いお店もある。

特に、ウェディング関連の広告はキレイなものが多いので、広告を見ただけではなかなか分かりません。
また、似合うかどうかを適切に判断、提案してくれるかどうかは、受け持った担当スタッフによるところが大きいです。

つまり、ただ 『プロにまかせよう』 の丸投げ体勢では
お店とスタッフの当たりハズレによる運まかせなアブない賭け。

 

今の時代、怪しい広告、うまい広告は膨大にあります。
家を買うときでも病院にかかるときでも何でもそうですが、
正しい知識を持って、自分でそれを見きわめることが必要です!

プロなんだからちゃんとやってくれる、と思うのは甘い。
悲しいけど、そう思うことはいまの時代、危険です。

必要最低限の知識を持っておくこと!

ある程度は、自分の考えをしっかり持ったうえで、
プロのアドバイスにも耳を傾け、納得できるラインを決めていくのがいいと思います。

 
 
 

ウェディングドレスは単なる洋服

ウェディングドレスは、その名のとおり、 『花嫁衣裳』
基本的に、ヨーロッパの風習を輸入したものです。

本来は、ヨーロッパの宗教や風習がからんでくるため、色々なしきたりや決まりごとがあります。

でも、日本で一般の人が結婚式の衣装として着る時って、
キリスト教徒でもなくって、単にキレイだから着たい、というだけですよね?

 

男性のドレスコード(礼装に関する規定)もそう。
いま、日本で結婚式を挙げるときにいちいちこういう決まりが云々言われますか?

・・・言われませんよね。
夜だから黒のテールコート(燕尾服)じゃなきゃいけないなんて、まず言われる事はありません。
むしろ 「どれすこーど」 ってなに? って思う人の方が多いのでは?
つまり男性も基本的に、好きなものを着ればいいんです。

 

この意味では和装も同じで、
たとえば打掛は室町時代以降の武家女性の礼装だけど
白無垢&角隠しが正式で色打掛の方が位が低いとか
髪は文金高島田で23歳までしか結えないとか 懐刀を必ず持つとか
いま、和装着るときにそんなガチガチなこと言われないでしょ?

髪型だってカツラなんかなしで洋風に結ったり、ブーケを持ったり
新婦だけ和装で新郎は洋装、とか
神社で神前式だけどウェディングドレスを着たとか
教会だけどアロハシャツで結婚式の人もいましたし・・・

要するに、何をどう着ようが本人たちの自由なんです。

現在の日本の結婚式というのは、格式や古いならわしよりも
単に、”新しい生活を始めるふたりの門出を祝うお披露目会”
のようなものになりつつあります。

日本という国が、宗教色があまりないからというのもありますが
いろいろな国の、さまざまな文化を輸入してまぜこぜになっているのですから
特に信じる宗教のない人の場合は、どれをどう取り入れようと自由なんです。
結婚式そのものの内容も、現在はほとんど本人たちの自由、になっています。

*教会で挙式したいなど、宗教にのっとる場合は別。
 それぞれの宗教によって細かい決まりがありますので従います

 

だから、たとえウェディングドレスであっても、
単なる洋服と考えて気楽に選びましょう。
もちろん、小物も含めたトータルコーディネートで!

 
ページ先頭へもどる
 
 
 

ウェディングドレスと小物を選ぶ時は

このように、ドレスショップに行っても、「決まり」がどうのこうのと言われることはまずありませんから(海外挙式を除く)、
「どんなのがいいですか?」 からはじまります。
 
だから、あなたは自分で、 「どんなのがいい」 か考えておかなくてはいけません。
何も考えていないと、なんとなく数着試着して、なんとなく「これでいいか」となってしまいます。

そうしたら、 「選ぶ」 ためには?
あなたは普段、洋服を選ぶときに何を考えていますか?

 

おそらくは、まず、どこに着ていくか、のシチュエーション。
どんな場所か、何をするのかによって選び分けますよね?
山登りに行くのにスカートとヒールの靴で行く人はまずいません。
おしゃれな高級レストランに行くときと、カジュアルなレストランに行くときも違うはずです。
同じように、着る場所、つまり、結婚式をする場所の雰囲気や、そこで何をするかによって、選択肢が変わってきます。

次に、自分に似合うかどうか。
体型的なものと、イメージと両面あると思います。
ドレスの場合も、同じように、自分の体型と、なりたいイメージや、自分らしいイメージなどを考えて選びます。

ウェディングドレスも同じ。
まったく同じように選んでいけばいいんです。

つまり、あなたはただ、晴れの日のための衣装を
いつものように、好きなようにコーディネイトして選べばいいんです!

ただの、おしゃれ着だと思えばいいのです。

そのなかで、より、あなたが美しく見えるように、
より似合うもの、好みのものを選ぶために、
ドレスの種類や小物・花について、
どんな種類のものがあってどんなものとバランスがいいのか、
単に 「おしゃれ」 のコツとして、知っておくと便利!

ウェディングドレスや結婚式にまつわる言い伝えも、知っておくとより楽しいと思います。
順に、ウェディングドレスのお話をしていきますね^^

 
ページ先頭へもどる
 
お役に立ったら一言! 
 
「キレイ」はカネじゃない! 前へ 次へ 「ドレス」って何だろう?

HOME  プロフィール  サイトについて  リンクについて  個人情報について  MAILはこちら

2007-2009 (c)How To結婚式 All Rights Reserved.
このホームページの内容(文章・画像)を無断で転載・複写することを禁じます。