How To 結婚式

小物としてのブライダルブーケの種類・選び方

ブライダルブーケの種類と選び方

ブーケを選ぶってどうすればいいの?

「小物が決まったらブーケを決めて下さい」って言われたけど
えーと、ブーケってどうやって決めるの?
ただ花屋さんに行けばいいの?
希望を決めてくれって言われても・・・わかんなーい!

 

 ブライダルブーケってどうやって選ぶの?

ベールや手袋・アクセサリー類が決まったら、最後にブライダルブーケを決めるように言われます。

が、「お好きなものをどうぞ」くらいしか担当者さんは言ってくれません。
じゃあ、どうやって決めたらいいのか??

ブライダルブーケには、「ナマモノ」としての事情がいろいろあるのですが、
ひとまず、その「ナマモノ的事情」は置いておいて、
まずは単に、「小物の一種」としての、種類やバランスの取り方について、
お話していきますね。

*お花であるから生じるさまざまな事情は、
 続く 「ブライダル(結婚式)の花のヒミツ」 各項目をお読みください

 
 
 
 

 ブライダルブーケの「似合う」「似合わない」とは?

「ウェディングドレスと花があるから花嫁さん」 と思うか
「うわあ! 雑誌のモデルさんみたい! きれい!可愛い!!」 と思うか
それはコーディネート次第。

単に、「必要なものが揃っている」 のではなく、
「似合っていて、”あなたらしさ”を引き出してくれるかどうか」 が大切です。
でもそれってどうやって見分けるの??

たとえば・・・
この花嫁さんたち、どうでしょうか?
花もドレスも「キレイ」だし、「普通にキレイ」だと思うのではないでしょうか。
でも、花嫁さん個人の魅力を最大限にアピールしているかというと…?

フツーのコーディネート

ちょっとブーケを変えるだけで、 「もっと似合う!」スタイルにできます。

もっと似合うコーディネート
ページ先頭へもどる
 
 

 ブライダルブーケの「形」と合わせ方

基本的に、どの小物・アクセサリーでもそうだけど、主役より目立ってはダメ。
ドレスも花嫁より目立ってはダメだし、ドレスより小物が目立ってもダメ。

なんでもかんでも大きく、ゴージャスにすればいいというものではなくて、バランスが大事。
なんでもかんでも小さく、でも地味すぎちゃうでしょ?

ブライダルブーケも、花嫁を引き立てる「小物の一つ」だと思いましょう。

そこで、花嫁さんの雰囲気に合った「形」と、
花嫁さんを邪魔しない「サイズ」を選びます。

そこでまず・・・ブーケの「形」にはどんなものがあるか、見てみましょう。

ブライダルブーケの形いろいろ

ラウンド(コロニアル)

まあるい形のブーケ。
可愛らしいイメージがあるかもしれないけど、実はオールマイティ。
挙式用に格式高くも、披露宴用にカジュアルにもできます。
ドレスや用途を選ばない優秀タイプ。どんなドレスでもOKです。

オーバル(ティアドロップ)

オーバルというのは楕円、ティアドロップは涙型。
丸よりも長い、涙の形を指しますが、全般に楕円系であれば含まれます。
茎の流れを出した「シャワーブーケ」も含むことが多いです。
これも、ドレスや用途を選ばない万能選手。
使う花や形によっていろんなイメージにできます。

キャスケード(フォガース)

キャスケードとは、滝の流れの意。
滝のように流れるブーケのことをいいます。
ドレスの形は、可愛らしすぎるミニ丈やフリルぴらぴらのドレス以外ならOK。
大人っぽい、格式高い・豪華といったイメージになります。
幅を狭く作れば(スリムキャスケード)スレンダードレスにも合います。
どちらかというと挙式向けですが、披露宴で豪華さを出したいときにも。

クレセント・アームブーケ

クレセントとは、三日月のこと。三日月型のブーケのことです。
アームブーケというのは、腕の流れに沿った弧を描くものなら何でもこう呼びます。
たとえば、クラッチ形式(ブーケの作り方による違い・参照)でカラーやチューリップなど、茎の美しい花を束ねたブーケもアームブーケに入ります。
大人っぽい・洗練されたイメージになりますので、あまり可愛らしいドレスでは似合いません。

バッグブーケ・ボールブーケ

その名のとおり、ハンドバッグやバスケット、ボールを模したブーケのこと。
どちらかというと、豪華とかシックとかのイメージは作りにくく、可愛らしさ・清楚さをアピールしたいときに向いています。
なので、ドレスもマーメイドや、あまりにゴージャスなプリンセスは合いません。
が、使う花や形によってかなりイメージは変えられます。
野の花を摘んだようなバスケットタイプ、フォーマルバッグを模したバラのバッグなど、「大人の可愛い」を表現するのには向いています。

リース・2連ボール・ステッキなど変形タイプ

これは、とにかく変わったものを持って目立ちたい人向け。
リースは輪っかだし、ステッキはその名のとおりステッキタイプに花を組んだもの。
ボールを2つも3つも縦につなげたブーケも作ることができます。
あとは、なが〜い花のレイのようなものとか。
雑誌やファッションショーのモデルさんが持っていることが多いですが、お値段も相当に張ります。
どうしても、ここまでくると花を使った図画工作になってきます。
5〜10万円くらいは見越しておいた方がいいでしょう。

 

でも、実は、形はさほど重要ではないんです。

ひとつひとつの説明にも書いたとおり、割とブーケの形というのはオールマイティなんです。
使う花と微妙な作り方の加減でどうとでもなります。
だから、「これは合わない」という形以外だったら、もうあとは好みで選んで構いません。

ブーケの形のタイプよりも大事になってくるのが、ブーケの大きさなんです。

ページ先頭へもどる
 
 
 

 ブライダルブーケの大きさのバランス

次に、大きさのバランスです。
さきほどのイラストの1枚目と2枚目、ブーケの形も変わっていますが、
サイズも変わっているのにお気づきでしょうか??

ブライダルブーケは、原則、ウエスト幅を出ない大きさが基本です。

とにかく大きく、豪華に見せたいとか、花嫁さんが大柄な場合、逆に細すぎる場合などは大きく作ることもありますが、基本はウエストよりも小さくします。

ドレスを着るときと言うのは、ウエストがキレイに細くなるようにコルセットをしますよね。
それによって、胸やヒップのボリュームを際立たせて、ドレス姿を美しくします。
ブーケがこれより大きいと、せっかくの「ぼん・きゅっ・ぼん」のラインを真ん中でぶった切ることになってしまい、「スタイルのいい花嫁さん」には見えなくなってしまうからです。

だから、幅をドレスのウェスト・そしてスカートラインから出ない程度のサイズに作るのが一般的です。

ブライダルブーケの大きさのバランス

例外として、花嫁さんが170cm以上あって、小さなブーケでは花嫁に対して負けすぎてしまう場合
花嫁さんが細すぎて、小さなブーケでは折れそうな細さを強調してしまう場合です。
このような場合は、バランスを見て、適度な大きさを出します。

*こうしたことは、実際にあなたがブーケを作る人と会わないと判断してもらえません。
 少なくとも、あなたの写真は必要です。
 でないと、あなたにちょうどいいサイズが分からないから。

そのほかに、トレーンやベールがものすごく長いときは、この後ろのバランスに負けないくらいボリュームを出したブーケを。
ドレスのラインが締め付けのないアンピールラインなどの場合は、柔らかなシャワータイプで大きいブーケにすることもあります。

*これも、ウェディングドレスの試着写真を持っていかないことには、
 あなたにぴったりのブーケは作れないってことです。

さらに、小さい・細いほど、「可愛らしさ」や「洗練さ」「シック」
大きいほど 「豪華な」 「華やかな」 というイメージが強くなります。

 

この、「受けるイメージ」で、すべてのコーディネートを考えていくと
小物やブーケ・装飾花・さらには引き出物やペーパーアイテムなどのトータルコーディネートがぐんとしやすくなります。

たとえば・・・
先ほどのイラストの場合だと、左の小柄な花嫁さんは 「キュート」です。
とにかくドレスも小物もブーケも、「可愛らしさ」を引き立たせるコーディネートにしています。
 
右の花嫁さんの場合は 「スタイリッシュ」。 大人っぽく、色っぽく、そして現代風に。

つまり、 「どんなイメージの花嫁になりたいか」 を先に決めて、それに小物やブーケを合わせているんです。

次からは、その「全体のイメージ」で考えるコーディネート方法とその例を挙げていきますね。

 
ページ先頭へもどる
 
お役に立ったら一言! 
 
ウェディングベールと手袋 前へ 次へ イメージでコーディネート

HOME  プロフィール  サイトについて  リンクについて  個人情報について  MAILはこちら

2007-2009 (c)How To結婚式 All Rights Reserved.
このホームページの内容(文章・画像)を無断で転載・複写することを禁じます。