How To 結婚式

わたしの結婚式、見せます!〜概要と予算〜

どんな結婚式にしたの?

皆に喜んでほしい!

ここからは、わたし自身の体験談です!
わたしが自分の結婚式をどんなものにしたか、
予算配分は? ドレスは? 小物は? ブーケは?
会場装花は? ペーパーアイテムは? 引出物は? etc...

実際かかった金額、できたモノなどをお見せします!!

 

わたしはこんな結婚式をしました

わたしは、仕事柄、たくさんの結婚式を見てきましたし
そのお手伝いもしてきたので
結婚式の仕事をしている期間はかなり ”結婚式” に飽きていて
『別に、自分はしなくてもいいや』 って思ってました。

でも、実際入籍したときには、わたしは闘病の真っ最中で
仕事も辞めなければならない状況で・・・
『もう、花の仕事ができないかもしれない!』

・・・そう思ったとき、
『やっぱり、わたしのやってきた事の証として、
 この手で創る結婚式を周りの人たちに見せたいし、残したい!!』

という想いがムクムクとわきあがってきたのです。

そして。
入籍から半年後のわたしの誕生日近くで、結婚式を挙げることにしました。

手作り結婚式がしたい

わたしが会場を探したときの条件は

1.一軒家のスペースかレストラン!
2.それが無理でも1日1組貸切の場所
3.持ち込みがすべて自由で無料!

一軒家はやっぱり憧れでしたし。
ドレスも自分の納得の行くものが着たかったし。
会場の装飾&ブーケは絶対自分でやりたかったので。
 
自由度を考え、結婚式場やホテルは最初から考えに入れませんでした。

会場探しには、 『ゼクシィ』 のほか、 『Hot Pepper』 を使いました。
やっぱり地域情報誌だと、地元のお店が広告出してるので・・・
当時はローカルに、近所においてある冊子をもらってきて探しましたが、
インターネットでも見られます。

貸し切りの一軒家で結婚式がしたい!

結果、 ホットペッパー に載っていた、
 『おしゃれな一軒家のフレンチレストラン
  ウェディングパーティ承ります!』
というレストランを第一候補に。

他にも3軒の候補を挙げましたが、ここが一番近くてなおかつ理想の ”一軒家” だったのでまずここにランチの試食に行ってみました。(ディナーには高くて行けず^^;)

行ってみると、お料理もお店の雰囲気も接客も文句なし!!

ウェディングプロデュース会社提携のパンフレットとか、見本のウェディングアルバムとかも置いてあり、しげしげと眺めていると案内もしてくれました。
司会や進行を自分で手配しなくてもプロデュース会社に頼めると分かったし、会場も文句の付けどころがなかったので、
他の会場を見ずに即決!!しました。

 
 

予算は当初、30名100万円でした。

会場装飾はしたいけれども、あまりきっちりとしたの披露宴をするつもりではなかったんです。会費制パーティのつもりで・・・

主人が乗り気ではなかったので、
わたしの夢に付き合ってもらうにしてもそのくらいかな、と思ってました。

会場の装飾を自分でやりたい!

でも、会場を決めて、はじめての打合せに主人を連れて行ったところ、
「どうせやるならきちんとやろう!」 と。
食事のコースもランクアップ、引出物や引菓子もちゃんと用意しよう!
じゃああれもこれも・・・という事に。

となると、100万円では足りません。150万に変更!!
会費制でなく、ご祝儀を普通に頂く形にしました。
30名で150万とくれば、決して安い結婚式ではありません。
「どうせやるならきちんと」 ならばと、ケチらないことにしました。

思いつく限りの 「やりたいこと」 をすべてやる!
技術的・時間的に作れるものは全部作る!!
心残りがないようにしよう!!! と決め、頑張ることに。

*なので、かなりの部分を手作りでやっています。
  このまま真似するのはちょっと無理かと思いますが・・・
  中身の部分は参考なるのではと思います。

 

次のページから詳しく説明していきますが・・・

いろいろ手作りの結婚式

ウェディングドレスは、
始めから提携業者には行きませんでした。
レンタル業者さんだったので・・・
自分のドレスが欲しかったんです!

ドレス小物も、ドレスを買ったショップでの
レンタルにはしませんでした。
だってヘボかったんだもん。
あちこち回って探し、見つからないものは手作りしました。

和装の写真も残しておきたくて、前撮りもしました。

ペーパーアイテム・ブーケ・会場装飾はもとより、なんと、引出物も作ってしまいました!

もちろん、最後の締めのハガキも手作りで。

 
手作りは大変だけど楽しい

できると思うものは全て手作りしました。
もう、 『やり切った!!』 という満足感でいっぱいでした。
というより、2年以上経った今も満足してます。
まあ、ちょこっと 「頼んだはずなのに〜」 って事もあったりしましたが、
それもまたいい思い出です。

本当に、やってよかった!!
そして、
これだけ好き勝手にやらせてくれた会場さんにも、プロデュース会社さんにも、
そして主人にも、感謝の気持ちでいっぱいです。

 
ページ先頭へもどる
 
 

結婚式にかかったお金の総額とお金のかけどころ

最終的に、招待者は31名、約160万円となりました。
そこそこいいホテルでやるのと変わらないくらいかかったかな。
大まかな内訳は次の通り。

・会場・司会・演出・・・20万円
・挙式(人前式)・・・・・・5万円
・飲食代・・・・・・・・・・・36万円
・写真代・・・・・・・・・・・22万円
・美容着付・・・・・・・・・9万円
・衣装・・・・・・・・・・・・19万円
・ペーパーアイテム・・・2万円
・引出物・・・・・・・・・・20万円
・花・装飾代・・・・・・・12万円
・その他・・・・・・・・・・17万円

細かい金額は、 「自分で作る見積り表」 の様式でまとめるとこちら

 

基本的に、”削った”っていうものはないんです^^; スミマセン。
思ったよりかかったのは 「写真」 と 「美容」 ですが
他はほぼ予定通り。

特に、ゲストに渡すもののトータル金額は、
もらうであろう金額とほぼ同じになるようにしました。

よく、かかった総額をゲスト1人頭で割った 「ゲスト一人当たりいくら」
という額が雑誌などに出てますが、あれとは違いますよ!
総額じゃなくて、ゲストにあげる品物や食事など、
「ゲストのため」にかけた費用
が1人頭2万5千円くらいになってます。
ご祝儀平均がそのくらいと見て、頂く分だけお返しするつもりで・・・
だからもともと総額の半分は自腹の予定です。

 

このうち、
「写真」 「美容」 「衣装」 「ペーパーアイテム」 「引出物」 「花・装飾」
の6項目に関しては、後でページを割いて説明しますね。

残りの
「会場・司会・演出」 「挙式」 「飲食代」 「その他」
について簡単に中身をお話したいと思います。

 

*”結婚式のプロデュース会社”ってどんなの? たとえば・・・

結婚準備コミュニティ 結婚パレット

お金がない!時間がない!何からはじめていいかわからない!
そんな問題は即解決!

 
ページ先頭へもどる
 
お役に立ったら一言! 
 
花屋さんに行く前に! 前へ 次へ 挙式・演出・料理の中身は?

HOME  プロフィール  サイトについて  リンクについて  個人情報について  MAILはこちら

2007-2009 (c)How To結婚式 All Rights Reserved.
このホームページの内容(文章・画像)を無断で転載・複写することを禁じます。