How To 結婚式

結婚式で叶えたい「夢」を具体的にまとめておく

成功の秘訣は「やりたいことを決めておく」

ふたりらしくって、実際どうすればいいの?

結婚式をしようってことだけは決まったけど
一体何からやればいいのかな??
とりあえずは式場を決めて日取りを決めるんだよねえ・・・
よく雑誌に書いてある3ヵ月後とかでいいのかなあ・・・
え? 会場とか、「いつごろ」 にするかも決める前に
することがあるの??

 

まずは理想・夢を全部挙げてみよう

『でも・・・まだ結婚式をするか決まっていないから・・・』
『結婚するかも決まっていないし・・・』
『イヤ、彼氏もいないんだけど・・・(汗)』

なーんて、そんなことは関係なし!!

これだけは、とにかく早く始めるのが勝負!!
どんなに早くやっても早すぎることはありません。
今すぐやっておきましょう!!

 

■まだまだ予定が未定のあなたは・・・

いまの段階では『憧れ』で構わないので、
【もし、結婚式を挙げるなら何がしたいか、どんな風にしたいか】
覚えておこう、というつもりで 【気にかけて】 ください。

たとえば・・・
友達の結婚式に、ただボーーッと参列するのと
気にしながら参列するのとでは大違い!

自分だったら、どうかな、ということを考えながら人の結婚式に参列すると、
結構いろいろなものが見えてくるものです。

ああ、こんなお出迎えステキだな。
この花はちょっとちゃちだな。
デートコースのビデオ上映なんて見たくないよ。
うわあ、ご両親にこういう挨拶もアリなんだな。
etc.......

こんなの、いいなあ。私もこんな風にやりたいなあ。
という点と、
こういうの、嫌だなあ。本人はいいのかもしれないけど・・・
自分のときは気をつけよう、という点。

そういう点をピックアップしておくだけで、後で自分の結婚が決まった時の基準ができます。
できれば何かメモを取っておいたほうが忘れないでしょうが、
面倒だったらこの段階では書かなくてもいいでしょう。

自分の時は、こうしよう。

そのイメージを作っていくことが重要です!

尚、夢によっては結婚式の予定が決まる前に必要になってくる事項もありますので、このページの下まで一通り読んでおいてくださいね。

 

■結婚が決まっているあなたは・・・

一方、結婚が決まって、結婚式のことを考えなくちゃ!
というあなたは、もっと具体的に考える必要があります。

まずは、紙を1枚用意します。(チラシの裏でも何でもOK!)
この紙をタテ半分に折り(線を引いてもOKだし、ノートの左右でも構いません)
左側に 【憧れていること、やりたいこと、こんなだったらいいなと思う事】 を
右側に、 【絶対やりたくないこと、嫌なこと、やめたほうがいいと思う事】 を
それぞれ書き出します。

実際に実現できるかどうかは置いておいて、
現段階では 『夢』 『理想』 『憧れ』 で構いません。
とりあえずは、思いつく順でいいし、殴り書きでいいのでとにかく挙げていきます。

1日では到底出きらないと思うので、3日とか、1週間とかかけて
思い出したものをどんどん書き足していきましょう。

このとき、親戚や友人など、今までに誰かの結婚式に参列したことがあれば
その式でよかったと思うところ、がっかりしたり、良くなかったと思うところを
思い出してみるといいですよ。
撮った写真を見返すとちょっと思い出しやすくなるかもしれません。

とにかく、思い出せるだけ、思いつくだけ書きます。
後で 『忘れてた!!』 ということがなるべくないように、
ある程度時間をかけてもいいので、できるだけ忘れ物がないようにリストアップします。

 
ページ先頭へもどる
 
 
 

夢リストのメモができたらまずココに注意!

リストアップしたら、まず、次の3点にあたる夢がないかどうかチェックしてください。

1.オーダーメイドが必要なものがある  (ドレス・小物・引出物など)
2.明らかに特殊な会場が必要だ  (特定の会場を指定・特殊な条件の会場)
3.ブーケや会場装飾に使いたい花がある
                       (絶対スイートピーを使いたい! など)

オーダーメイドしたいものがある場合
(ウェディングドレスや引出物、ペーパーアイテムなど)
打ち合わせや仮仕上げ確認などで、依頼する店を決めてから3〜6ヶ月
かかります。

特定の会場で挙式したかったり、特別な会場の条件がある場合(本物の大聖堂で挙式がしたい!など)は
時と場合によっては3年待ち なんてこともあります。

こうした希望がある場合は、挙式の日取りをその分先延ばしにする必要があるわけです。 つまり・・・

あらかじめ、
『その希望を叶える為にはどのくらいの時間が必要か』
逆算してから挙式日程を決めなくてはなりません。

 

また、ブーケや会場装飾に使いたい特定の花がある場合は・・・
その花が実際に手に入る季節に日取りを合わせないと夢を叶えられません。

たかが花、と侮るなかれ。
花の出回り時期は、花ごとにまったく違います。
この「出回り時期=花屋さんで手に入る時期」 は、巷で咲く季節とは大きくズレているので注意!! (→詳しくは第2章の花の話へ)
あらかじめ下調べをしてから挙式日程を決めないといけません。

自分の夢を結婚式で叶えるには
挙式の予定を大体いつ頃にすればいいのか
それをまず把握しておきましょう!

 

逆に、既に挙式日が決まっている場合は、
この3つの夢は叶えられない可能性が出てきます。

挙式日を決めてから夢のリストアップを始めたのでは、
間に合わない場合も出てくるってこと。

だから、こればっかりは ”とにかく早く!!”
やっておきましょう!!

 
ページ先頭へもどる
 
お役に立ったら一言! 
 
作らなくても個性は出せる! 前へ 次へ 優先順位を決めておく

HOME  プロフィール  サイトについて  リンクについて  個人情報について  MAILはこちら

2007-2009 (c)How To結婚式 All Rights Reserved.
このホームページの内容(文章・画像)を無断で転載・複写することを禁じます。