How To 結婚式

ブライダルフェアの見本を信じるべからず

ブライダルフェアの見本と見積もりは天地の差

結婚式が終わってから失敗に気付くケースって?

は〜〜なるほどぉ。
え? ブライダルフェアもなの??
何がどう怖いの??
はあ〜もうこんがらがってきちゃったよぅ…

 

「ブライダルフェア」という ”客寄せイベント” を知る

結婚式場を決めるのには、 「ブライダルフェア」 に行くのが便利!!
と、雑誌や広告によく書いてあります。 TVでも宣伝してたりします。

ブライダルフェアとは?

確かに、 「ブライダルフェア」 に行けば、
その会場の色々なところが一度に見られますので
うまく使えば大変便利なイベントです。

「うまく使えば」。

何も考えずに行って、言われるままに渡された書類の項目を埋めていって
流れのままに式場を決めてしまう・・・
それが一番怖いんです。

 

知っておくべきは、それこそが 「ブライダルフェア」 の目的だということ。

 

どうして企業が膨大なお金をかけてブライダルフェアをすると思いますか?
当然、イベントをすることによって、お客さんを捕まえたいからです。
「うちで結婚式をして欲しい、予約して欲しい」
だからこそ、「来てもらう」ためにブライダルフェアをするわけです。
つまり広告・宣伝ですよね。

会場側としてはそうやって、
その場の流れと勢いで予約してくれることを望んでいるわけで
そうなるように仕向けているのですから、
何も考えずに行くと当然のようにその仕掛けられた網にひっ掛かってしまいます。

ここで問題なのは、「引っかかる」 事ではなくて、 
「何も考えずに引っかかる」 こと。

きちんと会場の利点・不利点を分かった上で、
その会場を「選んで」予約するのであればまったく問題ありません。

でも、自分の希望が叶えられるかとか、予算にちゃんと見合っているかとか、
そうしたことを何も検証しないで、
その場の 「キレイ!」 「素敵!!」 という 「見た目」 だけに流されて
会場を決めてしまうことが後悔の始まりになってしまうんです。

 

きちんと、「ブライダルフェアを使う」 ことを覚えましょう!

 
ページ先頭へもどる
 
 
 

ブライダルフェアの会場は「すべてが最上級」

まず肝心なのは、
ブライダルフェアの模擬挙式・模擬披露宴・会場内装飾・料理などがすべて、
自分の結婚式のときにも同じように再現できる、などと思わないこと。

ブライダルフェアでお客さんに見せるものというのは、
企業としては当然のことですが
「当社で結婚式をすると、こんなに素晴らしいものができるんですよ!」
という宣伝なわけです。

「ぜひうちで!」 「うちはこんなに素晴らしい!!」 と宣伝するときに、
パンフレットに載っている 「一番安いもの」 を見せることはまずありません。
可能な限り最高ランクのものを見せるのが当然でしょう。

そして、お値段を聞かれたときには・・・
「うちならいくらでできますよ」
そう言う時に、一番高い額を言うことはまずありません。
「一番安い商品」の値段を宣伝するのが通常です。
「このようなお式のプランは40名40万円からとなっております」 など・・・

そうして、
「こんなに素敵な会場で、お料理もこんなに美味しくて、
 40名40万でできるのね! じゃあここがいいわ!」
と思ってくれることを望んでいるわけです。

会場側から見た「ブライダルフェア」には、
そういう意味があるということを知っておきましょう。

 

見本どおりには、 「お金と時間があれば」 もちろんできます。
それは 「お金と時間があれば」 であって、
「自分の身の丈に合っているのか」、ということを冷静に見つめられないと、
会場選びで失敗することになってしまいます。

 
ページ先頭へもどる
 
 

つまり・・・「見積もりは最低ランク」 「見本は最高ランク」

要するに、あなたが何も聞かない場合、
見積もり欄に書いてくれる「金額」は最低限の、最低ランクの商品のお値段です。
あなたが見た「見本」はほとんどずべてが、「最高ランク」の商品です。

「見本」の「お値段」ではない

ということを分かっていないと、ブライダルフェアに行った意味がありません。
「見たものがこのお値段でできるのね!」
なんて思ってしまうともうサイアクです!!

 

フェアで見たもののお値段が知りたければ、
「この装飾だとおいくらになるんですか?」
「このお料理はおいくらですか?」
「あのドレスはおいくらなんですか?」
とハッキリ聞かなくてはなりません。

見積もってもらった商品がどんなものか知りたければ、
「このお値段でできる装飾はどんなものか、写真を見せて頂けませんか?」
「このお値段で借りられるドレスって今日ここにありますか?」
のように、ハッキリ言わなくてはなりません。

会場も、嘘をつきたいわけではありませんから、
聞けばもちろん教えてくれます。

ただ、「聞かなければ言われない」 のですから
『自分が賢くならなくては成功はあり得ない』
と思っておいたほうがいいでしょう。

 

引き続き、この見積もりで出してもらえる「挙式プラン」の中身について、
知っておいたほうが良いことをお話しますね。

 
ページ先頭へもどる
 
お役に立ったら一言! 
 
儲かるモノしか薦めない 前へ 次へ 「プラン」は「即席ラーメン」だ

HOME  プロフィール  サイトについて  リンクについて  個人情報について  MAILはこちら

2007-2009 (c)How To結婚式 All Rights Reserved.
このホームページの内容(文章・画像)を無断で転載・複写することを禁じます。